高齢者の足のむくみ解消.com » ブロック注射が効かない事例

ブロック注射が効かない事例

ブロック注射は、主に腰痛に使用されることがほとんどですが、患者によっては、ほとんどブロック注射の効果が表れないような場合があります。

基本的にブロック注射は局所麻酔の効果があるため、患者に使用することによって、痛みをシャットアウトする効果を期待することが出来ますが、なかなかその効果が完全に現れることがない場合があります。

そのようなときは、まずは専門医や腰痛の原因を冷静に分析することが、効果的にブロック注射を使用する方法につながります。麻酔自体もその人の体質に合う、合わないなどがあるので、状況に応じて、さまざまな種類を使い分けられるようなこともあります。

ブロック注射も、麻酔薬という薬物の一種であるため、使い続けることによって、患者自体に薬物の耐性が生じてしまい、麻酔が利きにくくなることがあります。

この場合、結果として痛み自体のケアが十分で無くなり、ブロック注射が利いていないような錯覚を覚えるようなことは十分に考えられます。痛みを十分にケアするためにも、その対策は、しっかりと配慮出来るようにしておくことが、より望ましい方法の一つということがいえます。

ブロック注射をしっかりと使用するためにも、患者自体が自分の体調や、腰痛の原因を冷静に分析しておくことも大切になってきます。

意外と、腰痛がヘルニアのような明瞭な神経圧迫が原因となっていることもありますが、精神的な原因や、肉体的な疲労から来ているような場合があります。その場合、局所的にブロック注射の効果を適用したからといって、必ずしも効果が継続するとは限りません。

全体的に、どのような部署に痛みがあるのか、まずは患者自身が把握し、どのような治療が望ましいのかを、冷静に判断出来るようにしておくことが、より望ましいといえるでしょう。