高齢者の足のむくみ解消.com » ブロック注射と血行について

ブロック注射と血行について

ブロック注射の効果を語る上で、まず痛みの緩和ができるという点を見逃すことはできません。局所麻酔薬を知覚神経に作用させることで、脳に伝達する痛みの信号を遮断することができるため、痛みが特に大きいという場合には特に有効です。

また、ブロック注射の効果は血行に深い関連があります。例えば肩凝りをずっと持っていると、身体の血行が悪化して頭痛を起こすことがあります。また、頚椎ヘルニアなどでも頭痛が起きることがあります。

このように全身のバランスが悪化してしまうのを防ぐためには、筋肉の緊張を和らげることが有効です。

痛みについては、身体のどこかが痛むと、交感神経が興奮します。このことで末梢血管に収縮が起こり、その部位は血液の流れが悪化して酸素が不足した状態になりますが、この際に痛みを発する物質も溜まってきます。

そうすると他の神経も筋肉を緊張を強くするようになり、全体的なよどみが強くなります。このような悪循環に対してブロック注射をすれば、よどみも解消され、悪循環を絶つことができます。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、痛みが起こることで、交感神経が興奮します。また毛細血管は収縮して、血の流れが悪くなります。このことで自律神経の失調状態を招く恐れも出てきます。

これがよくなるということは、患部に対して酸素やたんぱく質などの栄養素が多く運ばれることを意味します。つまり患部の治癒の効果が高まります。ブロック注射をすると自然治癒の力を増やすことができる、と言われますが、この血行を高めることがその条件であると言えます。

自然治癒といえば東洋医学的な考え方としてよく語られますが、ブロック注射にもこのような高い効果があります。整形外科でも多用されています。

しかし痛みを解消する程度の力しかない、と言われることが多く、その効果の証明はまだまだ先のことのようです。

血行をよくしてリラックスさせ、そして気持ちよくなって寝てしまうという方も多いこの治療法は、保険適用が可能です。