高齢者の足のむくみ解消.com » 腰椎分離症が起因するすべり症

腰椎分離症が起因するすべり症

患ってしまうと中々簡単には根治することが出来ず、日々の生活に腰痛が付きまとってしまう病気として腰椎すべり症があります。

この腰椎すべり症を引き起こしてしまう疾患として腰椎分離症というものがあるのをご存知でしょうか?

腰椎分離症とはその名の通り腰椎と腰椎が分離してしまう疾患です。正確に表すと腰椎の一部である棘突起と呼ばれる部分が離れてしまうもので人間の身体に中では主に第4腰椎と第5腰椎において起こりやすくなっています。

この病気の特徴として子供に多いとされていますが、同じように壮年期の方にも起こる可能性は低くないので要注意です。実は日本人の約5パーセントにこの病気があると言われているのです。

腰椎が分離してしまうことにより当然ながら身体のバランスは不安定な状態となります。身体にこのように不安定になると特定の部位に負担が集中し痛めてしまうというわけです。

ですがこの病気自体はもし発症してしまってもコルセットなどを用いて適切な保存治療を行えば大抵は治癒することが出来ます。しかし、一部では上手く改善することが出来ずに腰椎分離すべり症へと進行してしまうことがあります。

すべり症は分離した骨の内片方が身体の前方へとせり出してしまう、すべってしまうことにより起こります。こうなってしまうと中々治癒も簡単では無くなってくるので、すべり症を起こしてしまわないように予防対策をとることをお勧めします。

すべり症を予防するには腰椎部分をサポートする筋力である腹筋と背筋をバランスよくトレーニングなどにより鍛えること。また十分に休息をとり筋肉を休ませることが大切です。

この時バランスのとれた食事をとり栄養もきちんと摂取することも重要です。このように日頃のちょっとした気遣いから防止することが出来るのです。