高齢者の足のむくみ解消.com » 五十肩の痛みの軽減と運動

五十肩の痛みの軽減と運動

五十肩になると、まずはじめのうち、急性期には、安静にすることが最も大切です。

肩がだんだんと痛むようになってきて、病院で診断を受けて、五十肩と結果が出たら、塗り薬やアイス系の湿布などをもらって安静にして痛みが軽減するのをとにかく待つことが大切です。

五十肩は急性期に入ってから一ヶ月程度経過すると、痛みも大分やわらいでくる場合が多く、またこの時期には、運動をすることを習慣付けるように医師から指導を受けるようになります。

また、五十肩は慢性期に入らずとも痛みが軽くなるケースもありますので、同様に運動をすることが可能になります。五十肩では慢性期に入ると肩まわりの可動域、つまり動かすことができる範囲がとても狭くなってきます。

つまりこの肩の自然な動作、動きの範囲を取りもどすためには、できるだけ早期からリハビリを始めることが大切と言えます。

この方法にも様々ですが、水泳なども効果的です。腕を上に上げたりしてかく動作をするのはなかなかおぼつきませんが、水中に浮きながら足だけを漕いだりしながら、徐々に腕を使って泳ぎを早くしていき、そのまま可動域がひろくなってくればそのまま泳いで見ても構いません。

五十肩では、このように痛みをできるだけ早く軽減させ、また、運動をして癒着を取り除いていくことが大切です。慢性期も大分すぎて痛みもほぼ無くなってからでは、あまり効果は期待できません。

痛みについては完治した、というレベルになっても、可動域が一向に狭いまま、というケースも多く見られます。痛みが大きければその分安静にしておくことも大切ですが、急性期でも始終痛む時期を過ぎれば、徐々に痛みのない合間が多くなってきますので、例えば重いアイロンを持って軽くぶらぶらさせる、ということだけでも五十肩の改善に大きなメリットがあります。

症状を軽減させるための手段も様々です。場合によってはブロック注射などの注射療法を試行して、即効性の高い結果を得ることができる場合もあります。