高齢者の足のむくみ解消.com » 保存治療について

保存治療について

腰椎椎間板ヘルニアの治療は保存療法が基本になります。腰椎椎間板ヘルニアの名医が手術する場合もありますが、手術は保存療法を一定期間試行しても効き目が無いと判断されたときに、初めて検討される場合がほとんどです。

保存治療でよく用いられる方法の1つが、薬物療法です。薬物療法は風邪をひいた場合と同じように内服したり、座薬を用いたりします。

腰痛にたいする痛み止めとして最も多く用いられるのは、消炎鎮痛剤です。腰椎椎間板ヘルニアは、腰のヘルニアによって圧迫を受けている神経の周囲が炎症を起こすため、この痛みを和らげれば、腰痛は軽減されます。

この消炎鎮痛剤は短い間に大量に用いる場合と、長い期間持続的に少ない量を用いる場合があります。前者は主に腰椎椎間板ヘルニアの急性期に適用され、効果の即効性が高くなります。

また、後者のほうはある程度痛みが緩和されてきた慢性期に用いられ、他の治療法と併用させながらじっくりと効果を伺います。

消炎鎮痛剤は消化管障害などの副作用が発生しやすいため、できるだけ食後に服用し、消化器系が弱い患者さんには粘膜保護剤の併用を勧める場合が多くなります。

コルセットは急性期、慢性期の隔てなく、特に痛みがある場合には必ず着用するように支持されることが多い装具です。

人間の腹部を、水や空気の入った風船にたとえるならば、この風船を締めることで風船は上と下に伸びますが、このように腹圧を高めることによって、腰の部位を固定することが可能です。

また筋肉を硬く支持するため、衰えた筋肉の変わりとして背骨をサポートすることが可能です。コルセットをすれば痛みも軽減され、トイレに一人で行けなかったのに行けるようになったりと、日常生活レベルが一段階程度アップします。

コルセットは常用せずに、痛みの無いときにはリハビリをして実際の筋肉を鍛えるようにすることも大切です。いつまでもコルセットに頼ることは、筋肉もそれだけ衰えてしまい、コルセットなしでは何もできなくなる恐れもあります。