高齢者の足のむくみ解消.com » 変形性膝関節症の検査

変形性膝関節症の検査

変形性膝関節症の検査について少しみてましょう。問診や触診ももちろん行いますが、特に関節液検査とレントゲンを重視します。しかしながら、画像には現れない病気もありますので、通常の血液検査を行います。血液で分かることは、変形性膝関節症とは違う別の病気、例えば、リウマチや痛風などです。他に糖尿病の可能性も診断しています。

触診では、膝の曲げ伸ばしをして、膝の痛み、そして、腫れ具合やどのくらいの歪みがあるのかを確認するわけです。また、歩き方が正常であるかどうかもきちんと確認します。

関節液検査とは、関節液を直接注射器で膝から抜きます。そして、その液体を調べます。例えば、色や粘りがどうなっているのか、リウマチ痛風などの他の病気にかかっていないか、また、細菌感染などの感染症にかかっている場合もあるからです。ちなみに変形性膝関節症では、関節液は黄色い色をしています。化膿している場合は、膿になります。

変形性膝関節症のレントゲンでは、骨の形状や骨の状態を撮影し、細かく目視で確認します。しかしながら、関節軟骨や筋肉がレントゲン写真では写らないという欠点があります。それでも、経験豊富な医者は、骨の関節の隙間や関節の隙間の広さを見ることで、病気の状態を判断します。

レントゲンに代わり、もっと精密な画像を写しだしてくれるものにMRIというものがあります。こちらは、レントゲンでは写らなかった関節軟骨、半月板、じん帯などをはっきりと確認することができます。

レントゲンで、膝の状態がわからない場合ですとか、手術をどのようにやっていくかという詳細な検討をする場合に、利用することがあります。MRI機器は高額ですので、どこの病院にもあるわけではありません。通常はレントゲンをし、より進んだ段階でMRIを行うことが通常の流れとなります。