高齢者の足のむくみ解消.com » 接骨院で膝痛を解消する

接骨院で膝痛を解消する

膝の痛みやしびれ、可動域の制限などの症状がある場合、整形外科で治療を検討する方が最も多いようです。また高齢者の方にとっては病院での治療は外来で出かけるだけでも負担があります。

混んでいて椅子で待つこともできなければ、ストレスによって症状も悪化します。慢性化したら病院に何度通うか、という意味でも、日常のストレスはなかなか軽減できなくなってしまいます。

またもちろん膝に水が溜まっている、また注射でそれを抜く必要がある、という場合は病院での治療になりますが、注射や切開などが不要であるならば、接骨での治療を考えるのがいいかもしれません。

接骨院にも待合室があり、待たされることもあります。また最近は接骨院が増えています、かかる患者さんの数も著しい増加傾向にありますが、予め混んでいないかどうかを確認することも可能です。

つまり規模の大きな接骨院はあまりありませんので、気軽に出向くことが可能です。膝の痛みがあって、初診として病院で検査を受けたほうがいいのか、という場合も接骨院は有用です。

レントゲンを撮影したり、MRIでじっとしているわけではなく、触診による方法だけで症状を把握できるというメリットもあります。

最近は病院でもリハビリ担当医師による生活上のアドバイスをするところが多くなっていますが、接骨でも生活のアドバイスは欠かさず行います。

問診を行ってから症状の説明をして、骨格モデルなどで部位を示す、というような流れで治療は始まりますので、わからないことがあればどのようなことでも解決することができると言えます。

特に姿勢の悪化は膝には響きます。歩くたびに使う部位ですので、姿勢についてのアドバイスは必須です。接骨は自然治癒の力をアップさせることもできますので、再発の予防にも適しています。

骨の専門医というイメージが強いですが、接骨院は靭帯や筋肉、腱などのトータルな骨格の異常を施術することができる、利用価値の高い場所です。