高齢者の足のむくみ解消.com » 生理痛を整体で改善する

生理痛を整体で改善する

生理中に下腹部に痛みが起こったり、腰痛や頭痛などのさまざま症状を起こす場合を生理痛といいます。多くの女性が悩んでいると言われていますが、その中でも症状が重いケースは、月経困難症といわれ、機能性のものと器質性のものに分けられます。

機能性月経困難症の場合は、生理が起こった際にプロスタグランジンホルモンが増加していき、子宮に収縮が起こることが原因です。子宮に痛みが起こり、生理も長くなりがちです。

また器質性月経困難症では子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が関連しているものがほとんどです。整体では筋肉の緊張や頚椎のねじれ、また骨盤の歪みを解消することでアプローチしていきます。

骨盤が歪んでしまうと子宮が圧迫を受けますので、子宮自体の収縮運動や、内膜の運動時に障害が起こります。子宮の筋肉を緩め、骨盤の歪みを矯正することで、内臓の働きも活発化し、生理が痛むことなくスムーズに進むようになります。

病気が無い場合でも、生理がひどくなると、子宮筋腫や子宮内膜症になる可能性が高まりますし、精神的ストレスやイライラも増え、生活への意気込みが減退します。骨盤のゆがみを解消させ、腰や股関節まわりの筋肉の緊張を解き、ホルモンバランスを改善させることが大切です。

また不規則な生活、食事などの不摂生も大きな原因です。整体ではまず、骨盤の可動域をチェックしたり、腰の痛みがどのような動作で起こるかなどをチェックします。

また痛みの度合いや期間などを問診し、生活習慣もチェックします。頭蓋骨から足の裏まで、徹底して歪みをチェックすることも大切です。

骨の調整には筋肉の調整も不可欠です。筋肉が硬くなると骨もずれやすくなりますので、丁寧な手技で筋肉をほぐすことも必要です。

生理痛がある場合でも、施術を受けて気持ちよくなり、そのまま寝てしまう場合もあります。また施術後はリハビリを維持することも大切です。自己療法をアドバイスし、ストレッチの指導、生活習慣のレクチャーなども行います。