高齢者の足のむくみ解消.com » 頚椎椎間板ヘルニアとリハビリ

頚椎椎間板ヘルニアとリハビリ

頚椎椎間板ヘルニアのリハビリは、主に肩周りの痛みの除去や強化と、神経症状の軽減とに大別されます。これは障害を回復させるための療法となります。

病気の治療では原因を改善することも大切ですが、回復を成功させることもとても大切なのです。また本来あるべき機能をそのまま取り戻すことですので、治療と平行させることも必要です。

またこのように保存療法と平行させるものもあれば、治療する必要が無くなってからストレッチなどを用いていくものがあります。

つまり手術をしたり、保存療法で回復した後で行うタイプもあります。肩や首に痛みが起こらなくなったら、いよいよ本格的なリハビリの出番であるとも言えます。

保存療法の一環として行われる電気療法やマッサージ、ストレッチや、手術後に行われる歩行訓練などがあります。

頚椎椎間板ヘルニアのそのような改善療法はちょっとやそっとでは終わりません。症状が重ければそれだけ長いリハビリが必要です、特に排尿障害や歩行困難が起こっていた、脊髄の圧迫があったという場合は、はじめは車椅子からはじめることが多くあります。

また、頚椎椎間板ヘルニア再発の防止も大切です。せっかくよくなったのに、また頚椎椎間板ヘルニアが再発する可能性はあるのでしょうか?と疑問に思う方もいらっしゃいますが、ヘルニアは手術が成功してもまた再発する可能性が高い疾患です。

首には椎間板が7つありますので、1つの椎間板のヘルニアを治療している間にも危険性が高まってくることがあります。

姿勢をただすこと、また運動不足を解消することはもちろん、食事内容やストレス、冷え性など、生活習慣病の予防項目とされる多くのことは、頚椎ヘルニアでも大切です。

たくさんの方法がありますが、自分にあった方法がきっと見つかるはずです。最初は慣れなくても、徐々に度合いを増やしていくなど、徐々に生活の中に浸透させていく工夫も大切です。