高齢者の足のむくみ解消.com » 鍼灸院の不妊治療

鍼灸院の不妊治療

鍼灸と言えば、鍼灸師が行なっている、身体の不調に対して行われる処置です。多くの人がイメージする鍼灸では、せいぜい肩こりが治るとか、腰の痛みがなくなるとかであると思います。

しかし、実はこの鍼灸には意外に多くの症状に対して、効果があると認められているということをご存知でしょうか。WHO(世界保健機関)も、鍼灸の効果について、多くの症状に対して「有効である」という見解を示しています。

それらの効果には「更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊治療」などが含まれます。その多さに、驚いた人も多いのではないでしょうか。

特に、不妊治療に対しての効果は、不妊に悩んでいる方にとっては、心強いものとなるでしょう。鍼灸は、手術などというような西洋医学ではありません。東洋医学に分類されています。東洋医学において、不妊は「腎」の不足によるものであると考えられています。

「腎」というのは単に臓器のことを示しているのではありません。生殖器をつかさどり、人間の誕生から成長、生殖、老化に至るまでの、人間の身体を調整している総称として使われています。

この中には「ホルモン」なども含まれます。このように、生殖器との関わりが大きいと考えられている「腎」が、妊娠・出産において非常に大事な役割を果たしているというわけです。この「腎」の不足を鍼灸で補うことで、不妊を改善していくという考えです。

「腎」には「生命のエネルギー」が宿っていて、「先天の気」とも呼ばれています。このように、生殖器にとって大きな影響を及ぼす「腎」は、妊娠・出産を控えた女性にとって、非常に重要な役割を果たしています。

こうして、鍼灸を用いて妊娠しやすい身体をつくるために、卵子の質を上げる・生理周期の乱れを整えるなどの効果を得ることで、不妊治療ができるのです。