高齢者の足のむくみ解消.com » 腰痛の手術と名医について

腰痛の手術と名医について

腰痛も軽いものであれば徐々に改善するものです。しかし、ぎっくり腰の症状が長い間改善できず、病院で診察を受けたらヘルニアなどの重い病気にかかっていた、という場合もあります。

このような場合はまず病院でしっかりと診断を受け、適切な治療法を長い間継続することになりますが、医師の判断次第では手術を検討しなければならない場合もあります。

腰痛には多くの名医があります。手術をする場合は特にそのような言葉がイメージされがちですが、多くの方はこういった話題を頼って手術を成功させています。

もちろんそうでなくてもいい医師はありますが、特に忙しい方や、医師とのコミュニケーションがうまく果たせなかった、などという場合は、改めて名医にかかりたい、と考えるのが常です。

腰痛の名医とは、ほとんどが整形外科の医師です。腰痛の原因として最も多いのが、骨や筋肉性のものです。ヘルニアもそうですし、脊柱管狭窄症もそうです。

例えば北海道には、えにわ病院の佐藤栄修医師がいらっしゃいますが、北海道を代表する脊椎の名医です。

福島には県立医科大の菊地ドクターがあります。こちらも腰痛の治療において有名な方です。日本では第一人者とも呼ばれ、海外からも予約が絶えない状況のようです。

その他にもレーザーや無痛治療など、様々なカテゴリーがあります。レーザーの場合はまだ症状が軽いうちから早期に社会復帰をしたい方にはお勧めです。

また無痛治療とは整体やカイロなどに多いタイプですが、高齢者の方にもお勧めできる治療法です。

このような医師にかかる場合は、やはり近場の病院というわけにはいかず、様々な準備が必要です。入院についても移動や費用、仕事のケアなどもあります。

せっかく一度のチャンスで完治させるのですから、最高の状態で治療を受けたいものです。また複数を当たっておく方も少なくありません。

予約制のところがほとんどですから、ギリギリのチャンスと考えておくのが妥当です。