高齢者の足のむくみ解消.com » ストレッチとダンサー

ストレッチとダンサー

これはプロのダンサーの方も取り入れることが多いエクササイズ法です。フラダンスからヒップホップまで、様々な種目がありますが、きちんとした準備運動が欠かせないというものばかりです。上達にも、また怪我を予防するためにも大切です。

また運動が苦手という方が始める前の準備を知り、それらを取り入れてからダンスができるようになった、素晴らしさを知ることができた、という場合も多くあります。

体が慣れてきて、色々なステップができるように感じられてくるものです。はじめのうちは硬い体をストレッチするために行っていくのがいい方法ですが、だんだんと楽しさを体感できるようになります。

見た目には優雅な踊りでも、実際に自分で踊ってみるとかなり激しいスポーツである、という方は多く、準備体操も欠かせないメニューです。

体の各関節を思う存分に動かしますので、リズムカルで自由である反面、怪我もしやすいものです。定型的なステップだけのものはそうでもありませんが、激しい南国風のものや、ポップミュージックを聴きながらのものはやはり激しさが違います。

プロのダンサーが教える教室や講座などでも、必ず実践します。また体をほぐすことがいかに大事か、上達には欠かせないものであるか、ということも教えてもらえる場合がほとんどです。

また終わった後のストレッチも大切です。特に終了後は静的なストレッチがあっています。リラックス感を取り戻し、他のデスクワークや家事などへの準備としても有効です。

始める前にはダイナミックなストレッチでダンスへの扇動効果を促し、ダンスが終わったらリラックスすることに努めるのが基本的な流れです。

踊るものの種類によってストレッチ法も様々ですので、まずはプロの指導を受けておくのが有効です。後はいつでも取り入れて、好きな時にダンスすることができるようになります。