高齢者の足のむくみ解消.com » 肩凝りと健康食品

肩凝りと健康食品

肩凝りは日本人特有の症状と言われます。特にパソコンなどで長時間の作業をすると、重い頭部を支えている首や肩の筋肉が緊張してきてしまい、血流が悪くなってしまうために起こります。

筋肉は緊張しっぱなしにせずに、常に弛緩と緊張をちょうどよく繰り返すのが理想的です。肩に疲労物質が溜まると、すぐには取れず、休んでいる時にも肩が凝ったり、スポーツをした後にも同じように凝るようになってしまいます。

肩凝りを予防し健康を保つ簡単な方法は、よく肩まわりを使う、あるいは動かすことです。歩いている時もまっすぐ前を見るだけではなく、たまによそ見をすると効果がありますし、下ばかり見ないで上も見たり、左右に首を振ったりすることも必要です。

既に慢性の肩凝りがある場合は、定期的にマッサージをしたり、入浴中に必ず手で揉み解すなどの工夫で健康な状態に近づけることが出来ます。疲労物質はビタミンB1の不足によって生成されやすくなりますので、健康サプリメントなどでビタミンB1を補い、またビタミンEやイチョウ葉エキスは血行をよくする健康効果を持ちます。

他に健康効果があると言われるものに、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンがあります。これには殺菌、体温の上昇効果や胃を健康にするといった働きがあります。体脂肪を分解して、その燃焼を早めます。

血行を良くするにはこのカプサイシンを定量、健康サプリメントで補うとストレス解消などにも効果があります。シナモンに含まれるシンナミックアルデヒドという成分には主に手や足の血流をよくする働きがあり、冷え性、肩凝り、または更年期障害などを改善する健康効果があります。

またパプリカは唐辛子やシシトウなどと同じ種類の植物ですが、タバスコなどにも含まれ、カプサイシンを多く含みます。肩凝りがある方のほとんどは目にも疲れが出やすいものです。

目が疲れると肩凝りもその分冗長されがちです。疲れ目に健康効果の高いのはルテイン、DHAやアントシアニンなどです。これらを摂取すると網膜を守り、視力を高めることができますので、併用すると健康効果もアップします。