高齢者の足のむくみ解消.com » 椎間板すべり症について

椎間板すべり症について

腰椎すべり症は椎間板すべり症とも言います。この病気には自然と痛みが治まってくるものから、痛みやしびれなど、症状のひどいものもあります。

5つある腰椎の1つがすべった状態になることからすべり症という名前がつけられていますが、脊柱管が変形したり、圧迫されることによって痛みを感じます。

このような症状が長く続く場合、保存療法などの治療をするケースが多く、症状によっては回復に長い時間を要します。椎間板すべり症は腰痛の中でもよく聞かれる部類の病気ですが、症状があっても激痛レベルではなく、時々下肢にしびれや痛みがあるといった程度のものが多いようです。

主な原因は神経の圧迫と筋肉疲労です。神経の圧迫はすべった腰椎が特定の姿勢をした際に脊髄に触れることで神経痛が起こったり、うっとおしいような重さを感じたりします。この痛みの症状はまた、ヘルニアに近いものでしょう。

また、筋肉疲労は体に起こった歪みが原因で左右の筋肉のバランスが崩れてしまって片方の筋肉にアンバランスに負荷がたまってしまうことから疲労を感じるようになります。

椎間板すべり症は坐骨神経痛に発展する場合も多く、特に中高年に多いこの病気は腰椎すべり症から発症するケースがほとんどです。椎骨が脊髄から伸びている坐骨神経を圧迫します。

また、他の発展形として考えられるのが、脊柱管狭窄症です。とくに体を反った状態にした時に神経を圧迫し、それによって痛みの反応が出やすくなります。

そして歩行障害である間欠跛行が起こり、歩いている途中に痛みが起こり、休んでいればやがてまた歩けるような状態になる、ということが繰り返され、歩いて生活することがままならなくなってしまいます。治療方法としてブロック注射などで改善するケースもあるようです。

筋肉の痛みの伝達を消し、その間に様々な原因を経つという自然治癒の方法ですが、手術せずとも二度と症状が起こらなくなる、というケースも多いようで、治療費もそれほどかからないと評判です。