高齢者の足のむくみ解消.com » 中古マンションの購入のタイミング

中古マンションの購入のタイミング

一口に中古マンションリノベーションと言っても、その手段は様々です。

すでにリノベーションされている物を購入する場合もあれば、通常の中古マンションを購入して、リノベーション費用見積比較ナビなどで、リノベーション業者を自分で探し、リノベーション工事を手配する場合もあります。

後者のリノベーションの場合は、購入後にリノベーションの工事期間が必要になるので、急いで住まいを探している人には不向きとなります。

どちらかといいますと時間に余裕がある人や、住む場所にこだわりのある人の方が向いているかもしれませんね。

今回はご自分でリノベーションをされる、後者の場合についてお話したいと思います。リノベーションのための中古マンションを買うタイミングとしては、野菜と同じように価格面で変動がみられた場合などです。

野菜に決算セールや収穫時期があるように、購入時期をずらすことで支払総額が変化していくといいます。動向を見極めて価格だけにとらわれることなく良い物件を探すことです。

中古マンションを買ってリノベーションをしようと思っている人は、早い時期からの相場を調べて損をしないようにいつも動向をチェックしなければいけないですね。

ですが、価格にばかり目を取られていると「いい物件を見逃してしまう」ということにもなりかねません。本当に「買い時」なのは、物件がたくさん出てくる時期だといいます。

3月の引っ越しシーズンと10月の結婚シーズンには、物件が多いことが多く、価格も安定するようです。逆に供給戸数が少ないとなれば、それだけ価格が高くなってしまうということがあるようです。

中古マンションを選ぶ場合にはそのような時期を避けることが必要になってきます。中古マンションでは、築年数によって修繕が必要となり、リノベーション費用が高くなることも多いので、販売価格だけを見て決めることはNGです。

資金面では、住宅ローンの金利が低いうちが「買い時期」だということもいえますが、リノベーションでは住宅ローンが使えない場合もありますので、ここもしっかり確認する必要があるでしょう。

このように中古マンションの購入のタイミングというものがあって、住宅価格が下がるときや金利の低い季節には住宅の購入者も増えるということですね。