お薦め情報










その他・お薦め情報

むくみの改善策

高齢になると老化による身体の衰えで疲れやすくなり、身体を動かす機会も減ります。中には、動かしたいけれど体調が悪くて動けないという方もいることでしょう。

しかしこのように動かさない状態が続くと血液の循環が悪くなり、様々な支障が生じます。その中のひとつが、むくみです。若い人ですとちょっと太くなっているな程度で収まるむくみがほとんどですが、場合によっては、見るからにパンパンに膨れてしまうほどにむくんでしまうということもあります。

ではこのようなむくみにはどんな改善方法をとったら良いのでしょうか。改善策としてまず考えるべきは原因です。血液の循環が悪くなっているのが原因なのですから、最も良い改善法はその循環を整えてやることでしょう。

可能であるのならば軽い運動を行うのがむくみの改善にはおすすめです。散歩を兼ねたウォーキングや、軽いストレッチで十分です。ウォーキングは最初から無理をする必要はなく、5分程度から始めて、慣れてきたら時間を延ばすようにしましょう。

とはいえ年齢を重ねて機能が衰えてくるとそれも難しいということもありますので、そういった場合には仰向けになって脚を上下させる運動を行うだけでも効果的です。

また、自分で動くことのできない寝たきりの方にはこのような改善策を、介護する人が行ってあげる必要があります。

介護をする側が行う改善対策としては、この他にも適度なマッサージや、お風呂などで温めるなどの方法が考えられます。とはいえこれらを毎日行うのはなかなか難しいです。少々お値段は張りますが、マッサージ機を利用する方法なども考えてみるといいでしょう。

むくみが出るということは血液の循環が滞っているということです。血行が悪くなれば身体のあちこちに不調をきたす原因となりますから、たかがむくみなどと軽く見ることは厳禁です。

放っておいては他の重大な身体の不調を招くこともありますので、むくみは血行が悪くなっている合図だと思って、早い段階で改善策を取るようにしましょう。